腰痛・ぎっくり腰

腰のこんな事でお悩みありませんか?

  • 常に腰が重く、だるい
  • ぎっくり腰になった経験がある
  • 起床時に腰を曲げると痛みがある
  • 重いものを持ち上げると腰が痛む
  • 立ちあがる時に腰が痛む
  • 上体をひねると腰が痛む

腰痛・ヘルニアの原因

腰痛・ヘルニアの原因 長時間同じ姿勢でいるデスクワークや立ち仕事、前かがみや重いものを持ち上げることが多いなど、腰の筋肉への負担が大きいと、腰痛になりやすいと言えます。また筋力が低下したり、骨格のゆがみ、血行不良、ストレスなども腰痛の原因になります。そしてこれには、日常生活の些細な癖などが積み重なることが大きく影響を及ぼしています。

 そのため、表面の筋肉をほぐすだけでは腰痛は解消できません。骨格や骨盤のゆがみを矯正し、骨格を正しく支えられるよう深部の筋肉のこりや血行不良を解消することで、はじめて腰痛は解消できるのです。

腰痛の種類

腰痛には、ぎっくり腰(急性腰痛症)、慢性型腰痛、緊張性腰痛、そして椎間板ヘルニアがあります。

ぎっくり腰(急性腰痛症)

疲れ、運動不足、肥満などによって腰部筋肉の血流が悪化しているところに、強い筋緊張を起こすなどが加わって生じます。
腰骨(腰椎)は椎間板や関節、筋肉、靭帯などによって正しい位置に支えられています。こうした腰骨を支える部分のどこかに損傷が起こって強い嫌味が発生しています。

慢性型腰痛

腰に鈍い痛みが続いている状態です。習慣や環境、ストレスによって起こっているケースが多いため、痛みの解消だけでなく、丁寧なカウンセリングが重要になってきます。

緊張性腰痛

筋肉は長時間伸ばされ続けたり、縮んだりし続けると緊張が過度になり、さらに他の部分とのバランスが崩れます。このバランスの崩れを調整しようとして筋肉に負担をかけることで起こる腰痛です。筋肉が挫傷するという損傷を受けている状態ですから、できるだけ早くケアすることが重要です。
デスクワークなど、同じ姿勢を長時間続けることが大きな要因になっています。

椎間板ヘルニア

腰部椎間板症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などがあります。突然起こりますが、ぎっくり腰と違い、痛みだけでなくしびれなども発生します。腰骨を支える椎間板や線維輪に亀裂が入り、その内部にある髄核が出てしまって神経組織を圧迫することから痛みやしびれが起こっています。しびれや痛みは片方のお尻から足にかけて起こることが多く、歩行障害を起こすケースも珍しくありません。
深部にある筋肉の緊張や骨格のゆがみが大きな原因となっていますので、外科的な処置が必要な場合も、その後に深部筋肉や骨格を調整することで再発を予防することが重要になります。

ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰 突然、立っていられないほどの強い痛みがあるぎっくり腰は、はじめて経験した方にとって大きな驚きであり、慌ててしまうのも無理はありません。

 ただし、ほとんどの場合、ぎっくり腰は横になって安静を保つことで症状が軽減していきます。コルセットやサポーターをすることでなんとか日常的な作業ができるケースもよくあります。ただし、これで安心してしまうと、ぎっくり腰を何度も繰り返すことになります。そして、重度のぎっくり腰は椎間板の損傷を伴うケースが珍しくありません。椎間板が損傷すると、外科手術が必要になる可能性もありますし、改善までにかなりの時間がかかります。

 ぎっくり腰になったら、早期にしっかり根本的な改善を行うことで大きなリスクを避けることができます。

当院の腰痛治療の施術法

当院の腰痛治療の施術法 腰痛は一生付き合っていくものとあきらめる必要はありません。特に、長く整骨院に通ってらっしゃると、こうした考えになってしまう方が多いのですが、一時的な慰安としてのマッサージや電気治療では確かに腰痛の解決にはつながりません。

 当院では、腰痛に対して、骨盤を含めた骨格全体の矯正や、骨格を支える深部筋肉の調整、筋膜のケアなど総合的な施術を行っています。お体全体を正しい状態に戻していくため、痛みの緩和だけでなく再発を防ぐ効果も期待できます。

 急激な痛みが起こっている場合でも、こうした根本的なアプローチにより、驚くほど遺体が緩和するケースはよくあります。腰痛は放置しているとヘルニアなどに進んでしまう可能性もありますので、できればお早目にご相談ください。

施術内容について詳しくはこちら>>>

北上市の赤坂鍼灸整骨院 基本情報

受付時間
9:00~13:00
15:30~19:30

通常受付、
水曜・土曜は午後予約の方のみ、
日曜・祝日は定休日

院名 | 赤坂鍼灸整骨院
住所 | 〒024-0083 岩手県北上市柳原町4丁目13−21
電話 | 0197-62-6288

TEL:0197-62-6288
一番上に戻る
スタッフブログエキテンFacebook求人情報

LINELINE