ブログ

2020.07.06

梅雨の時期の頭痛

こんにちは。スタッフの金田です。
梅雨に入り、天気が悪い日が続いてますが、皆様体調はいかがでしょうか?
今回は梅雨の時期に起こりやすい頭痛についてです。
梅雨の時期は気圧の変化や湿気などにより自律神経の乱れやむくみによる頭痛が起こりやすいです。
そこで当院で行っている筋肉治療で、肩周りや首周りの筋肉をほぐすことにより、血流が良くなり頭痛を緩和させることが出来ます。
またこの時期だとエアコンによる冷えも筋肉にとっては悪影響です。
是非身体を温めることをおすすめします。
頭痛などの症状がある際は是非当院にお越しください。
患者様にとって最善の治療を提供します。ご相談ください。

2020.06.23

梅雨

こんにちは。副院長の油井です。
岩手県も梅雨入りしたようですね。
晴れてると思ったらいきなり雨に変わったり。
体調管理が難しい時ですよね。

こんな時に多く聞こえてくるのが頭痛に関してのお悩みです。

雨の日は頭痛が…
この時期は頭がモヤモヤしてる…
などなど。

原因は様々あるかと思います。
しかし、その中でもこのような症状を訴える方は頚や背中、頭の周りにある筋肉の緊張が強くなっている人が多いです。

頭が痛い。でも薬に頼りたくない。
自分ではなんとも出来ない…。
病院に行ったけど異常ないと言われたけど…

そんな時は赤坂鍼灸整骨院に頼ってください!!
自分では手が届きにくいところも、私たちがしっかりと治療します!

嫌なこの梅雨の時期、体をしっかり整えて
スッキリ乗り切りましょう!!

2020.06.12

スポーツ障害について

こんにちは。副医院長の赤坂です。
最近、小学生の次男と長女がミニバスケットボールを始めました。
私もバスケットボールをやっていたので少しは教えれるかな?(もう20年前以上昔のことですが(笑))
練習に参加させていただいて、2回目で二人とも「肩が痛い」「突き指した」「足ひねった」
そして仕事から帰った瞬間に口々に言うのは「治療して!」

スポーツをしていれば、ケガはつきものです。
スポーツ障害は、スポーツによって関節、靭帯、腱、骨、筋肉などに繰り返し外力が加わることで引き起こされる障害の事です。
オスグット病、シンスプリント、腰椎分離症、野球肩、野球肘、テニス肘、疲労骨折などがあります。
練習前のウォーミングアップ、練習直後のアイシング、ストレッチングで予防や改善が出来ます。
そして、痛みや違和感を覚えた時にすぐ治療できれば、症状を長引かせないことが出来ます。

良いパフォーマンスを発揮するためにも、痛みや違和感を感じた時は是非ご相談ください。
身体のケアや、ストレッチ方法を指導して、良いパフォーマンスが出来るようスタッフ一同頑張ります!

2020.06.01

あなたの「腰痛」

少しずつ暖かくなり過ごしやすい時期になりました。

こんにちは!スタッフの千田です。

最近、ご来院の方で多いのは
・草取りをしていた時に腰を痛めた
・田植えをしている時に腰を痛めた。
など特に「腰の痛み」で受診される方が多くなりました。
ほとんどの方は準備体操、整理体操をやっていないのではないでしょうか?
外作業の急激な負荷によって起こる「腰痛」は「加齢」とともに起こりやすくなります。
腰の回り、下半身の筋肉が硬くなっていると思われます。
当院ではその硬くなった筋肉を専門的に緩めていく治療、「筋肉治療」を行っています。

「腰痛」に苦しんでる方、当院の治療を一度受けてみませんか?一回の治療だけで症状を完全に取りきるというのは難しいです。
ただ腰が楽になった、体が軽くなったなどの感覚や動きの幅というものは治療後にすごくにでます。
「動きの幅」➡「関節可動域」が大きくなってくると、それに伴って痛みの質も変わっていきます。
個人差はありますが、症状改善にはある程度時間はかかります。

腰痛がつらい方、腰痛を改善したい方、是非いらしてみてください。

スタッフ一同全力で対応させていただきます。

2020.05.19

腰痛改善! 自分でできること!

北上市柳原駅から徒歩3分
肩こり・腰痛に強い鍼灸整骨院
赤坂鍼灸整骨院 副院長の赤坂知香です。

国民病とも言われる「腰痛」。
長年に渡っての腰痛に苦しんでいる方も多いと思います。
当院には、そのような重い腰痛を患って来院される方がたくさんいらっしゃいます。

セルフケアとして、おもに【2つの事】をご指導しております。
今回はその【2つの事】を特別に皆様ににお伝えいたします。
そんなに特別なことではないですが…(笑)

➀身体を温める。
 お風呂で全身を温める。もしくはお尻周囲を温める。
 そうする事で骨盤や、骨盤から下半身に行く血液を温める事で下半身の
 血液循環が改善し、腰痛の緩和になります。
 シャワーではなく入浴。半身浴を毎日10分するだけで沢山の患者様からの改善報告があります。
 患部が痛い場合はシップではなく貼るホッカイロも有効な手段です。
➁ストレッチをする。
 腰痛の方は➡腰プラス下半身のストレッチが必要です。
 特に慢性のひどい腰痛ほど下半身の筋肉が硬くなっています。
 臨床ではよくみかけます。そして患者様は腰が気になりすぎて、下半身の筋肉が悪くなっていることに気づいていません。
 下半身の筋緊張が腰痛の原因にもなっているのです。
 下半身のストレッチが最重要です。
 YouTubeなんかをみるとストレッチ方法は沢山あがっています。
 自分にあったものをさがしてみて下さい。痛みがともなうものはあなたの身体にはあっていません。
 基本は無理なく続けられるもの。三日坊主にならないものが大切です。
 1週間ぐらい1日5分~10分程度続ければ、ほとんどの方が腰痛が改善していると感じているようです。
 ちなみに私も「簡単」な「続ける」ことができるストレッチを「5分」毎日行っています。
 
 すごく簡単です。騙されたと思って続けて行ってみて下さい。長年悩んだ腰痛が、かなり改善されるはずですよ。
 
 そして、そういった時間がなかなか取れない方。取ってもなかなか改善しない方。
 当院では専門的に腰痛を治療することができます。
 お悩みの方はお気軽にご相談下さい。
      

2020.05.14

こんにちは! スタッフの武田です

どこにも出かけられない今
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
「畑仕事をしてる」
「ガーデニングをしている」
「DIY作業をしてる」
皆さま色々なステイホーム生活を
送られてると思います。
慣れない作業をすると首や肩、腰に
痛みを抱える人も多くなると思います。
そこで患者様のほとんどの人が良く言うのが
「時間が経てば良くなると思った」です。
皆様の中にもこの様に思っている方が居るのではないでしょうか?
確かに時間が経てば良くなる症状もありますが果たしてそれは根本的に
良くなったのかと言うとそうでは
ありません。
必ず痛みの原因である疲労や筋肉の固まりはそこに残っています。
残ったまま生活していると必ずと言って良いほど症状は以前より重く再発する恐れがあります。
そうなると治療日数や治療回数が増えてきます。 非効率です。
そうなる前に赤坂鍼灸整骨院では症状の出始めでしっかり治療する事をおすすめします。
患者さま一人一人に合わせた治療や
ストレッチなどをご提供させて頂きます。
その他何かご不明な点がございましたらお気軽にお電話ください。

2020.05.11

肩甲骨周辺が苦しい・・・

来院された患者様で「肩甲骨周辺が、痛苦しい」という方がいます。
こういった患者様は結構多いきがします。
「肩が苦しいんだけど…」「背中が重苦しい…」「肩こりがつらいです。」
問診時よくそういったお話を伺います。
運動検査をするとほぼ肩甲骨周辺の筋肉が痛んでいる場合が多く
患者様自身が「肩」とか「背中」とかおっしゃてるだけで
「肩甲骨周辺の筋肉」が痛んでいることに気づいていなかったりします。
おそらく背中のどこが痛いのかよくわからなくなっているんだと思います。
「肩甲骨の内側」は、沢山の筋肉がつながっていて、臨床上とても大事なところです!
あまり知られていませんが…
頭痛や睡眠障害、倦怠感、吐き気などの自律神経系の症状も首〜背中の筋肉の緊張状態と、関りがあります。
肩甲骨周辺の筋肉の状態は「健康のバロメーター」と言っても過言ではありません。
当院の「筋肉治療」は、この「肩甲骨周辺」施術が最高に得意です。
●病院にいったけど改善しない方
●薬をのんでいるけどなかなか変わらいない方
是非一度、当院の施術を受けてみて下さい。 
あなたの力になれるかもしれません。

2020.05.06

頭痛の治療 「頭部治療」

「頭痛」でお悩みの方、たくさんいらっしゃると思います。

当院にはよく「頭痛」持ちの方がいらっしゃいます。
日本人のうち、3人に1人は頭痛に悩まされているといわれています。
「頭痛」がおこる原因は色々あります。

病院で診察や検査を受けた結果、病気などからくる頭痛でなければそのほとんどの「頭痛」の原因は「緊張型頭痛」です。
「緊張型頭痛」は以下の流れで起こります。
➀首や肩、背中などの筋肉が緊張 ➁血流が悪くなる ➂老廃物がたまり神経が圧迫される、刺激を受けて神経が興奮する ➃「頭痛」が起こる

◆筋肉の緊張は、長時間同じ姿勢をとり続けるデスクワークやPC作業、睡眠不足、運動不足、スマホ画面の見過ぎなどで起こる目の酷使などの身体的ストレスが原因とされています。
◆そしてもう一つは、心労や悩み事が原因の精神的ストレスなども、筋肉の緊張に大きく関係しています。
「筋緊張型頭痛」=「筋肉の異常な緊張」により「頭痛」は起こります。

私たちは、必ず患者さん一人一人とカウンセリングを行い、みなさんの状態、症状を把握して、最適なな治療法をご提案させていただきます。おこります。
薬を飲んでも一向に改善しない、慢性的に痛みを抱えている、という方も多いかと思います。
当院であれば薬に頼らず根本的な治療をして痛みなどの症状を改善していくことが可能です。
それが「頭部治療」です。
「頭部治療」ではあなたの頭痛の原因の筋肉を特定して治療を行います。

「頭痛」の症状が緩和するように努めるのはもちろん、みなさん自身が持っている「自然治癒力」を日常生活上で引き出せるような指導もさせて頂いています。
一時的な痛みの緩和だけでなく、根本的な治療を行うことで「頭痛」の悩みを解消するためにも大切であると考えているためです。

「頭痛」でお悩みの方、お気軽にご相談下さい。

2020.05.01

「ストレートネック」って何?

最近はあまり聞かれなくなってきた「ストレートネック」。
本屋さんでよく目にする有名な健康の雑誌によると…

「ストレートネック」は日本人の8割〜9割に達すると言われています。
原因としては長時間のパソコンでのデスクワーク、スマートフォンの使用などが挙げられます。
ストレートネックになる事で首周辺の筋肉・神経にも負担をかけ、いわゆる首凝り・肩凝りとして感じます。
更に症状が悪化すると、椎間板が圧迫され続けた結果、頚椎ヘルニアになるともいわれています。
とのことです。

当院でも首・肩の痛みで来院されて「以前に病院でストレートネックと診断された」という方は時々いらっしゃいます。
この診断名をつけられて肩をがっくり落としている方、そんなに落ち込む必要はありません。
肩コリを起こす原因となっている生活習慣を改め、適切な対処を心がけていれば1~2週間でほとんどの方は治まります。
ストレートネックによって痛みが出ているのは骨でも関節でもなく「筋肉」です。
パソコン・スマホを使うとき、大抵の人は首を前に突き出すか下を向いて使用します。
この動作の時、僧帽筋・板状筋・半棘筋といった首、肩の筋肉は過度に伸ばされた状態で緊張し頭を支えています。
これが長時間続くことで「首のコリ」「肩コリ」の痛みに変わります。
当院は「筋肉治療」の専門院です。
これらの筋肉と関連性のある「筋肉」に対し的確にアプローチし治療します。
また、正しい姿勢改善・日常生活動作のアドバイスもさせて頂きます。

「ストレートネック」でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

2020.04.29

ギックリ腰の対策!

最近、患者様が増え始めました。 「ギックリ腰」患者様です。

4月に入りました。もうすぐ5月。
急に寒くなったり、身体が寒さに対応しきれないこの時期。
農作業がスタートするこの時期。

知らぬ間に身体を冷やしてしまい腰やお尻周りの筋肉を硬く緊張させて
血流を悪くさせることにより腰周りに激痛を引き起こします。
経験者であればこの辛さはわかるでしょうが未経験の方にとってはピンとこない症状だと思います。
見た目にも血が出たりしてるわけでもなく腫れ上がっているわけでもないので
なかなかその痛みを理解してもらえないケースが多いようです。
「ごはんは食べれるんだから大丈夫でしょ?」と妻にいわれたと落ち込んでいた方もいました。(笑)
ちなみに私は恥ずかしながらギックリ腰経験者です。「その痛み」痛いほど共感出来ます。

さてそんな「ギックリ腰」次に挙げる対応策である程度防ぐことが可能です。

➀「こまめに動かす」ギックリ腰の一番の原因は、筋肉の硬さにともなう血流の悪化です。
これを引き起こす最大の要因は「同じ姿勢、同じ動作」の繰り返しです。
例えば、草むしり、掃除機がけ、デスクワーク、長距離運転など、ほぼすべての日常生活動作。
長時間同じ作業が続くと症状がドンと出やすいので、意識的に休憩したり、違う運動パターンを行うことが大事になってきます。
例えば、難しい動きではなくて、ちょっと合間に腰を回す、脚を屈伸してみる、背伸びをしてみるなんてことなどでいいのです。
スマホのタイマー機能などを使って強制的に合間に動かすようにするといいかもしれませんね。
ちなみに、ふかふかのソファに半ケツで座って長時間スマホは最悪です。高確率で腰が爆発します。
この場合も、合間をみて、立ちあっがって体操をしたりしてみるといいようです。

➁「普段から体操を行う」
筋肉は普段から小さい動きしかしていないと
「あっ、俺はそんなに動けなくても大丈夫なんだ!」って勘違いを起こして
どんどんかたくなり、関節の動き幅を悪くしてしまいます。
そんな状態の方がさもない動作を起こして「ギックリ腰」になります。
これを解消するためには毎日、日課のように関節を大きく動かす体操を取り入れるこが必要になります。
特殊な体操じゃなくて結構です。
誰もが知ってる、全身を動かせて効率よく筋肉を伸び縮みさせられる魔法の体操があります。
そう「ラジオ体操」 です‼   

➂「定期的なケア」
通常、皆さんが当院のような治療院を利用する時ってどんな時かというと
「痛みがある」時だと思います。たしかに痛みが強い時には「なんとかしてくれー」ってなりますよね。
では「痛くない」時は身体は調子が良い状態なのか?  答えは「ノー!」です。
「痛みがある」という時は、身体が「もうこれ以上は耐えられません!」となっている状態です。「非常事態」ということです。
では「痛くない」とはどういう状態かというと「結構きついけどまだ耐えられますよ!」っていう状態です。
学生さんのように筋肉の状態も柔らかくて、本当にいい状態で「痛くない」ということもありますが
私達のようにとっくに学生時代を終え、世間の荒波に揉まれまくっているような人たちは
「痛くはない。でも身体は結構ガタ来てます。」っていう状態がほとんどです。中高年の私達世代の大半がこの状態です。
ですから「痛くない」時でもしっかり身体を「ケア」をすることが大切です。
「痛くない」という状態でも、治療を受けると「あれっ!そこメッチャ痛い!どうなってんだ!?」みたいなところが沢山あったりします。
治療を受けることで自分の身体の状態が把握できるというメリットもあります。
重症化する前の定期的な身体の「ケア」は時間効率がまちがいなく良いんです。

以上の3点が今回おススメする「ギックリ腰」の対処法です。
実はこの対処方法、ギックリ腰以外の症状でもそっくりそのまま当てはまります。
                                           
「ギックリ腰」になった場合はお気軽にご相談ください。
そして当院では「ギックリ腰」にならない身体作りをしっかり指導します。    院長

1 2 3 4 5 6 7
TEL:0197-62-6288
一番上に戻る
スタッフブログエキテンFacebook求人情報

LINELINE